技術情報

キャスターを正しくご使用いただくために

1.キャスターの選定について

●適正積載荷重(4ヶ使用の場合)に応じて選んでください。
●4ヶのキャスター使用の場合、荷重は4ヶ均等に負荷されませんので、次の算式を目安として求めてください。

適正積載荷重=1ヶ当たりの許容荷重×4×0.8

※許容荷重についてはカタログ中に記載してあります。

2.キャスターの取付けについて

●キャスターの取付けは、固定された接合部に正しく取付け、 ボルトやネジ、ナットの緩みやガタが生じないようにしてください。
●ネジ式の取付けは適正トルクが維持できるように確実に取付けてください。
●中途半端な締めつけ、過度の締めつけは絶対にしないで下さい。 (例・M12の場合、250~500Kgf・cm程度)
●旋回ストッパーをかけ、キャスターごと締めつけないでください。
●キャスターのタテ軸が垂直になるように取付けてください。
[図解]
●固定キャスターはキャスター同士が完全に平行になるように取付けてください。

3.キャスターの使用について

●適正積載荷重以下での使用をお守りください。
●通常環境での人力による間欠的使用を前提としています。
●平坦な床面で使用し、障害や落下による有害な衝撃を受けないこと。
●ストッパーをブレーキがわりに使用しないでください。
●走行中にストッパーを掛けないでください。

◆仕様速度
車輪径 走行速度
75mm以下 2km/h以下
100mm以下 4km/h以下

4.点検・保守・交換について

◆安全確保、損傷防止と長期使用のため定期的な点検、保守、交換を行ってください。
●取付け部のネジ、ボルト、ナットに緩みが生じていないか点検してください。
●旋回部、車軸部には注油を行ってください。
●車輪や本体にガタ、ワレが生じた場合は適宣新しいものに交換してください。

5.キャスター使用上のご注意

以下のような使用は変形・破損の原因となります。

1

荷降時、移動時、設置時等での落下による衝撃を加えないこと。

段差のある場所、著しい凹凸のある場所等での衝突、落下による衝撃を加えないこと。

[画像]

2

適正積載荷重以上で使用しないこと。

[画像]

3

動力による牽引はしないこと。

機械部品として連続的に使用しないこと。

[画像]

4

規定の温度範囲(-5℃~60℃)を超える環境で使用しないこと。

[画像]

5

酸、アルカリ、油、水回りなどの特殊環境で使用しないこと。

[画像]

6

ストッパーを掛けた状態で、移動させないこと。

走行中にストッパー操作をしないこと。又、ストッパーをブレーキがわりに使用しないこと。

[画像]

7

傾斜面への放置(ストッパーを掛けた状態でも同様)はしないこと。

[画像]

8

固定キャスターの走行方向以外への移動はしないこと。

[画像]

9

使用者の責任で製品を改造、組み換え、 塗装することや溶接などの方法で取付けることについては責任が負えませんのでご了承ください。

[画像]

10

ネジ・ボルト・ナットが緩んだ状態のまま使用しないこと。

[画像]